うめでら・東持寺

東持寺タイトル

東持寺について 東持寺の歴史 年中行事 梅花講のご案内 交通案内

東持寺について

東持寺本堂

当山は、結城紬で知られる茨城県結城市にある曹洞宗のお寺です。
10,000坪の境内に梅林・ツツジ・椿など春から初夏にかけて様々な花が咲き乱れ、緑豊かな心安らぐお寺です。

特に境内の梅林は、数百本の老梅林(紅・白・黄色)があり、「うめでら」の愛称で親しまれています。

名称諏訪山 光國院 東持寺
宗派曹洞宗 (禅宗)
所在地茨城県結城市上山川3226
本尊十一面観世音菩薩
創建文亀三年(西暦:1502年)
開基山川家11代 朝貞(ともさだ)公
開山梁庵眠大和尚(りょうあんみんだいおしょう)
移築原の地に152年間あったが、寛永三年(西暦:1626年)に現在地に移され、長徳院七世寄山呑最(きざんどんさい)大和尚を迎えて、中興開山となす。
本堂からの梅林
石灯篭でライトアップされた
夜の参道はとても幻想的です。
東持寺の梅の木
東持寺の梅の木
3月が見頃です
羅漢像
境内には、たくさんの羅漢像
が安置してあります。
ページトップへ